アスラン編集スタジオ

発想の転換が生み出したA6ノート「365notebook」

Kayo Nomura
ec01a

A6のノートを探していたたどり着いたショウエイドーの365notebook。

名前の由来は、おそらくページ数が多いため、1日1枚、365日使えるというところでしょうか。
実際は、380枚の紙でできたノートなので、365日以上使えます。

もっとも特徴的なのは、その紙質です。
ノートの品質を気にする人は「ヌケ」がないか「透け」がないかをチェックしますよね。
万年筆で書いたときはどうか、ボールペンで書いたときはどうか……。
しかし、365notebookは透けることを前提としています。
というのも、紙がごく薄いうえ、もともと半透明。
発想の転換というか何というか、しかしこれが意外に便利に使えます。

メーカーであるショウエイドーの説明によると、「純白紙」という透過性の高い、
贈り物を包む用紙として使用される紙とのこと。
「日めくりカレンダー」の紙に近い、と言えば伝わりやすいかもしれません。
つるつるでさわり心地も、書き心地もよい。

暑さは約19ミリと、一般のノートに比べると厚いノートですが、
それでも380枚もの用紙を綴じていることを考えると、その薄さがイメージできるかと思います。

ただし、書いた文字は絶対にすけるため、片面使用が前提。
ページ数は760ページですが、実質は紙数と同じ380ページです。

ノートには厚紙でできた下敷きがついています。
ノートの用紙は無地ですが、下敷きには方眼が印刷されているため、
透けて方眼用紙のように使うことができます。
文字を書く際にも、図形を書く際にも便利です。

ec01b

ちなみに、下敷きの表面は5ミリの方眼ですが、裏面は7ミリの方眼です。

ec01c

方眼の大きさの違いが伝わるでしょうか。

一般的に、市販されている方眼ノートは5ミリのものが多いのですが、
7ミリ方眼ノートとして使えるのはメモを取るときに都合がいいんですよ。
罫線ノートの場合、1行は6ミリか7ミリですよね。
前から、「5ミリ方眼は字を書くのに少し小さい」と感じていたんです。

「365notebook」の特徴はまだあります。
紙をピリーッとはがすことができるんです。

紙を剥がすことができるということは、別のノートや手帳に貼りやすいということ。
365notebookに電話メモを取って、剥がして資料にそのまま貼ることもできます。
しかも、半透明だから、下に書いてある文字を完全に隠すこともありません。

ec01e

「本に書き込みしたいけれど、本を汚したくない」というとき、
付せん紙を貼って書き込みする方法をとる人はいますよね。
マスキングテープで365notebookを貼れば、本の文字も読めるので、もっと便利です。

ec01f

もちろん、トレーシングペーパーのように使えるので、イラストを描いたり、
図形を手書きで写すときも大活躍します。

たしかにノートとしては厚いのですが、A6とサイズはコンパクトですし、
持ち歩きに重いと感じるほどの重量感はありません。

私の場合、電話メモ、アイデアメモ、伝言など、さまざまな用途で使っているため、
365日は持たないくらい使っています。
平均すると、1日に10枚ほどでしょうか。

ちなみに、価格は2冊セットで1,000円です。
Amazonで購入すると、配送料が「¥735」と出ますが、実際には配送料無料になります。
下の写真が配送時に添えられた書類です。注文の合計額が¥1,000であることが確認できます。

ec01g

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP