アスラン編集スタジオ

起業家インタビュー05 株式会社ヒューマン・クオリティー 樋口ユミ 氏 2009.2.1

ハラスメント対策研修で起業 女性の自立に挑戦する大学の職員、民間企業の
経験をもとに、研修講師、コンサルタントとして独立した樋口ユミ氏。
業態に合った営業戦略やオフィス探しのポイントなどを語っていただいた。

interview05

主な事業
職場でのセクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメントなどの防止対策研修、コンサルテーション
住所
東京都港区南青山2-2-8 DFビル5F
電話番号
03-3401-3846
サイトURL
http://www.human-quality.co.jp/

line

一貫して教育にかかわる

大学の職員を10年間経験し、学生の就職紹介などをしている会社に転職しました。
その会社に5年ほど勤務して、さらに別の会社に退職をしました。

振り返ってみると、最初に起業を考えたのは28歳くらいのことだと思います。
最初に就職した大学では、2~3年ごとに人事異動があり、
そのたびに仕事の内容が変わるのがもったいないなと思ったことがあります。

それから、学生さんに会社のことを指導するのに、私自身が会社のことを知らないというのもあって、
思い切って転職してみよう、民間企業に出てみようと、転職をしたわけです。

最後に勤務した会社で働く中で、本格的に独立を考えました。
ハラスメント研修を専門にやっていたので、これに絞れば売れるなと思ったこともあります。

同業者に相談、起業セミナーに参加

ただ、私自身このままでいいのか、よくないのか、
ハラスメント研修の専門会社の需要があるかについて客観的に判断してほしいということで、
飛び込みで研修会社の人に相談をしました。

応対してくださった方がとても親切で、会社運営のことや、ハラスメント防止の会社を行う難しさなど、
アドバイスをいただくことができました。
実はその方とは今もお付き合いがあって、研修のご依頼をいただいたりもしているんですけど、
客観的に見て自分の状況がどうなのかを聞けたのはよかったなと思いますね。

退職後は、男女共同参画センター横浜が開催する「起業家たまご塾」を受講しました。

少人数で、講師とコーディネーターがいて、事務局があり、
いつもサポートしてくれる体制がよかったと思います。

企業の研修計画に合わせて開業

企業の人事部は、1月ごろから来年度の研修計画を立て始めます。
このあたりからホームページなどをアップして営業活動をはじめないと、
1年間の企業の研修計画のサイクルに乗れないな、という考えがあり、
それもあって設立を急ぎました。

設立の手続きは自分でもできます。
でも私は細かいことが苦手なので、それで悩んでホームページのプランや
営業のことを考えるのがおろそかになってしまうのが嫌だったので、
司法書士さんにお願いして登記を済ませました。

社名は、メッセージ性があるものがいいと思って考えました。
人間の尊厳とか人格を大事にしようといった、根本的なことを伝える会社なので、
それが社名になるといいな、と。
でも適当な英語がないので、「人間の質」みたいなところから、
人格に結びつけたというような感じです。

レンタルオフィスを選ぶ

それから、一番頭を悩ませたのは事務所についてです。
特に国の機関から仕事の依頼を受ける場合、確認のために必ずオフィスにいらっしゃいます。
そのため、絶対にオフィスがなくてはいけないと考えていました。

ただ、事業のテーマがハラスメントなので、トラブルがあったら怖いなと思い、レンタルオフィスを探すことにしました。

レンタルオフィスの魅力は、 まず仲間がいるということです。
同じような段階でやっている、あるいは成功しつつある人が
同じスペースにいるというのは、とてもいいと思います。
あとはニューズレターなどを毎月送ってくれるので、
それを読むだけでも、とても励みになります。

いろいろなレンタルオフィスを見たんですけど、
お互いに経営者の交流があるところ、それから立地を重視して、現在の場所を選びました。

一定の料金で小さいミーティングルームが借りられるため、
こみいった相談などができたり、大きな研修室もあるので重宝しています。

無料のセミナーで営業活動を行う

設立後の営業活動は2つやりました。
1つはインターネットの検索広告ですね。
それから、人事部の人だけが見るポータルサイト「日本の人事部」に広告を出しました。

専門のポータルサイトで業態にフィットした広告を出すと、
ものすごく効果があるので、いいと思います。

ただ、ポータルサイトは移り変わりがはげしいので、誰も見なくなることがあります。
そのあたりは慎重にしていないといけないと思います。

また創業当初は問い合わせがほとんどなかったので、
きっかけがほしいと思い、無料のセミナーを1カ月に2回くらい行いました。
人事の担当者向けの、セクハラ対策セミナーみたいなものです。

そのセミナーを通じて、彼らが何を考えているのか、
いくらくらいの金額にどう反応するのかを見ました。
最終的に受注は少なかったんですけど、様子を見るのに良かったと思います。

「女性の自立」がテーマ

現在、仕事は非常に軌道に乗っていると思います。
今後は、売り上げを倍にするというのが目標ですね。

それから、私自身の、もともとのテーマは「女性の自立」です。

今考えているのが、創業しようと思ってもお金がなくてできない女性たちを
なんとかサポートしたいということです。

具体的には、ものづくりをしたり、物販をされている方の中から、
いいものを集めて私が代わりに売ることを予定しています。
5年後には、それをメイン事業にしたいと考えています。

(2009年2月1日発売 野村佳代著 会社づくりの現実とお役立ちポイント 掲載)

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP