アスラン編集スタジオ

[あの人の言葉]堀場雅夫さん

aslan
kotoba06

自ら仕事を作り上げていく
勇気と努力が必要。

 

「おもしろおかしく」仕事をするには
そのような仕事を与えられるのを待つより、
自らその仕事を作り上げていく勇気と努力が必要なのは言うまでもありません。

 

(堀場製作所創業者)堀場雅夫 

 

堀場雅夫が自社の社是を「おもしろおかしく」とした当時、
社是といえば「お客さま第一」などがほとんどだった。

「おもしろおかしく」という社是は
役員たちにも猛反対されるほど突飛なものだったのである。

堀場は言う。
おもしろく仕事をしていれば、
三倍も能率が上がり、三人分の仕事が一人でできる。
疲労も少ない。
「おもしろおかしく」は、本人にも、企業にもいい。

だからこそ、
「企業の経営者は、自分だけでなく、
その企業に関わりのある人々にとって
生きがいや働きがいのある職場を作るべく
最大の努力をしなければならない」
と誓っている。

しかし、「おもしろおかしく」を実現するには、
社員の自主的な努力も必要である。

仕事におもしろみを見出し、
さらにおもしろい仕事を作り出していく。
自分で作り出した仕事が失敗に終わるかもしれない。
苦労や厳しさもあるだろう。
「おもしろおかしく」はそうかんたんではない。
だから「勇気」と「努力」が必要なのである。

kotobabook6n

イヤならやめろ! 新装版-社員と会社の新しい関係 (日経ビジネス人文庫)

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP