アスラン編集スタジオ

[あの人の言葉]小倉昌男さん

aslan
kotoba05

管理職の評価は
人間性を重視したほうがいい。

 

管理職の人事評価は
「誠実」「部下の面倒見がいい」といった
人間性を重視したほうがいい。
これが企業風土になれば、
客に対しても誠実な社員が増えるはずだ。

 

(ヤマト運輸元社長)小倉昌男
 

 

現場が悪いニュースを隠してしまい、
「本当に大切な情報」が経営層に伝わらず、
大きな事故を招いてしまったニュースを見ることがある。
悪いニュースをもみ消そうと、
お客さまに失礼なふるまいをしたり、
誰かに無理を強いたりすることも見聞きする。

ヤマト運輸でも、
現場のトップが車両や荷物の事故を隠すケースが
増えた時期があったという。

すでに引退していた小倉は、
この話を耳にしてすぐに
2年限定で会長職に復帰。

ウソをついた管理職に降格などの罰を与え、
「誠実」な企業風土をつくることに力を注いだ。

小倉が喜んでいたのは、
お客さまからの次のような言葉である。

「宅配便を利用するのは、
ヤマト運輸が好きだからではない。
いつも配達に来る○○君がいい人だからだ」
 
kotobabook5

経営はロマンだ! 私の履歴書・小倉昌男 (日経ビジネス人文庫)

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP