アスラン編集スタジオ

[あの人の言葉]忌野清志郎さん

aslan
kotoba02

才能があるから歌が出来ると
思ってるのかもしれないが、それはちがう。

 

ぼくはいつでも、いっしょうけんめい歌を作ってるんだよ。
才能があるから歌が出来ると思ってるのかも知れないが、
それはちがう。作っているんだよ。

(ミュージシャン)忌野清志郎

 

キング・オブ・ロックである。
清志郎、である。

清志郎が清志郎でいることが才能ではなかったのか。
清志郎でいれば、清志郎の歌が出来るのではなかったのか。

この言葉は、
反原発を強く主張したことで
発売中止になったアルバム「COVERS」について
語った話の一節である。

なんとシンプルで、力強い言葉なのだろう。

才能ではない。
「いっしょうけんめい」だ――。

キングがそう言うならば、
「才能がない」はもう言い訳にならない。
「いっしょうけんめい」になろう。
それが自分のメロディを奏でるのだ。

ちなみに、発売中止についての発言は、
以下のように結ばれている。

「できることなら、この胸を切り裂いて、
どんな気持ちで歌を作ったのか、見せてやりたいよ」

忌野清志郎 生卵

忌野清志郎 生卵 画像クリックでAmazonへ

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP