アスラン編集スタジオ

[あの人の言葉]本田宗一郎さん

aslan
kotoba04

その人の成した仕事の質と量によって
その人の価値は決まる。

 

私は人のえらさは、世の中に貢献する
度合いのいかんにあると信じます。
限られた人生においてその人の成した
仕事の質と量によって、
その人の価値は定まると思います。

 

(本田技研工業創業者)本田宗一郎

 本田宗一郎は、 どんなに品行のよい人でも、
その人が作り出すのが粗悪品であれば、
技術者としては認められないと言う。

技術者なら、よい製品を作って
世の中に貢献する人が人格者である、と。

サービス業なら、
すばらしいサービスで誰かの助けにとなる人が
「えらい人」である。

教育者なら、
子供にわかりやすく教え、よく導くのが
「えらい人」なのだろう。

私たちは、ついつい
肩書きや立場、権力で「えらい」を判断してしまう。

しかし、本当に判断基準となるのは 「その人が成したこと」である。
自分は誠実に仕事をしているか。 自分はどれだけ、誰かを助けているか。
仕事ができる時間は限られている。

精一杯、成していこう。
 

kotobabook4

 

本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)

その他の記事

  • aboutplusa

    About Plus

    Plus(プラス)は、 株式会社アスラン編集スタジオが ビジネスパーソンに向けてお役立ち情報を発信するサイトです。 仕事をもっと楽しくする情報をお届けすることで、 ビジネスパーソンのエネルギーをちょっと「プラス」したい。…

    aslan MORE
  • jisedaitoshokan00

    進化する次世代図書館

    民間企業が運営する図書館、
    異業種の店舗と組み合わせた異色の図書館など、
    いま、図書館が大きな変貌期を迎えている。

    Nendai Watanabe MORE
  • 起業家インタビュー02 GPSストア 菅野りつ子 氏 2009.2.1

    丁寧な対面販売が魅力のハンディGPS専門店を開業 山岳ガイドの経験をもとに、GPSの専門店をオープンした菅野りつ子氏。 店舗探しの秘訣や、独特の営業戦略、支えとなった「人とのつながり」を語っていただいた。 主な事業 ハン…

    aslan MORE
PAGE TOP
PAGE TOP