アスラン編集スタジオ

[基本のビジネスマナー] 名刺交換

basicmanner03

名刺はその人の分身。ていねいに扱えば好印象!

ビジネスでは、
初対面のときに必ず名刺を交換します。

自己紹介しながらていねいに渡し、
ていねいに受け取ることが、
相手とのパートナーシップの第一歩です。
line

名刺交換のしかた

1 相手の正面に立つ
Point テーブルなどがあれば回り込む

2 自分から名乗って差し出す

基本は目下、年下、訪問した側が先に
Point 文字は相手のほうに向ける

警視庁巡査部長の大門圭介です
Point 社名、所属部署、フルネームを言いながら出す

3 名刺を受け取り、あいさつする

ちょうだいします
真山薫さまですね。よろしくお願いします
Point 相手のフルネームを確認する
line

受け取った名刺はテーブルの上に置く

真山薫 大門圭介
Point 名刺入れを台座にして上に乗せるとていねい

相手が複数の場合は座席順に並べる

真山薫 大下勇次 近藤卓造
Point 早めに全員の名前をインプットしよう
line

こんなときどうする?

お互いが同時に出したときは?
左手で受け取り、相手がこちらの名刺を受け取ったら すぐに右手を添える

相手が先に出したときは?
相手の名刺を受け取り、 「申し遅れました」と言い添えながら 名刺を出す

相手が複数のときは?
役職が上の人、年配の人から先に渡す

こちらが複数のときは?
役職者から先に挨拶をする

相手もこちらも複数のときは?
役職者同士が交換をした後、 上司の後を追うように渡していく

名刺を持っていないときは?
申しわけございません。ただいま名刺をきらしております。警視庁巡査部長の大門圭介と申します。 社名、所属部署、フルネームを名乗ってあいさつを。 会社に戻り次第、面会のお礼の言葉を添えて名刺を郵送します。

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP