アスラン編集スタジオ

[基本のビジネスマナー] 始業前

basicmanner04

始業15分前には席につき、仕事の準備を始めよう

オフィスで朝食をとる人が増えているようですが、
せめて始業15分前には食べ終わるようにしましょう。
始業ギリギリまで食べるのはマナー違反です。

スタートダッシュを決めるには、事前準備が必要

始業時間ギリギリにタイムカードを押して席につくのは
ルール違反ではありませんが、マナー違反です。
「遅刻ではない」と言い訳しても、
周りには「時間にルーズな人」とみられてしまいます。

朝のスタートダッシュを決めて
1日を気持ちよくすごすためにも、
始業15分前には席について、仕事の準備に取りかかりましょう。

始業時間ギリギリに席で朝食を食べる人も増えていますが、
これもスマートではありません。
会社で朝食をとるのが習慣ならば、
最低でも始業30分前には会社について、
15分前には食べ終わりましょう。
その他、化粧をしたり、新聞を読んだりするのも同様です。

仕事の準備としてやりたいのは、
まず環境の整備です。
自分の机やパソコンをふいたりして、
気持ちよく仕事ができる環境をつくります。
環境を整えることは、
心を落ち着けることにもつながります。

朝のお茶の用意もここで始業前に行いましょう。
お茶も、仕事に取り組む前に心を落ち着かせる準備と考えれば、
始業前に行わなければならない理由がわかるはずです。

席に着いたら、
手帳を開いて、1日のスケジュールを確認します。
その日の流れを確認して、段取りをイメージしましょう。

必要があれば、
その日の仕事の資料を集めるなど、
必要なものを整理しておくと、
スムーズに取りかかることができます。

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP