アスラン編集スタジオ

[新ビジネスマナー]喫茶店での打合せ時、飲み物のストライクゾーンはどこまで?

aslan
newbiz01a

近頃、喫茶店での打合せのときに、
オレンジジュースなどのソフトドリンク類を
頼む人が多いような気がします。

私は新卒の頃、上司から
「喫茶店で頼むのはコーヒーか紅茶」
「もしくは先方や上司と同じものを頼む」
と教わった覚えもあります。

けれど、
オレンジジュースを頼まれて
不快になるかといえば、そうでもありません。

そもそも、これまで
「コーヒーか紅茶」と限定されていたのは、
何のためでしょうか?

値段のため?
けれど、わずかな金額の差なら、
とりたてて問題視する必要もないような……。

オーダー時の時間節約のため?
けれど、メニューを雑談のネタにして
場がなごませることもできそうな……。

そう考えていくと、
打合せ時にオレンジジュースを頼んで
悪い理由が見当たりません。

けれど、商談相手が頼んだものが
「クリームソーダ」だとどうでしょう?

とたんに「仕事中に?」と感じてしまいませんか?
その理由を論理的に説明することは困難です。

あえていえば、「クリームが乗っている」ことでしょうか。

飲み物評価分布図

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP