アスラン編集スタジオ

[時間術]月曜日は「暖機運転」する時間をとる

aslan
jikanjyutsu01

早朝はゴールデンタイムとわかっていても……

朝の時間を有効に活かせば、もっと充実した毎日になる。
頭ではわかっていても、
早起きを続けることは容易ではありません。
残業におつきあいの飲み会でクタクタの日々。
家に帰っても、なんとなくテレビの深夜番組で夜更かし……。

自分を「夜型」と感じている人なら、なおさらでしょう。

やっぱり朝の活用が24時間を劇的に変える!

朝は睡眠で脳がリフレッシュしていますし、
空気もさわやか。
電話などで邪魔されることも少なく、
仕事やスキルアップに集中できる時間です。

その日のプランを見直してから
仕事にとりかかるだけでも、
効率的に仕事を進められるもの。
朝の活用次第で、24時間の充実度合いが違ってくるのです。

朝方の人は、ぜひ早朝の時間を最大限に活用しましょう。

夜型の人は月曜の朝だけでもOK

夜型の人は、無理をする必要はありません。
月曜日の朝だけ、早朝出勤をしてみてはいかがでしょうか。

月曜日なら睡眠時間も平日より長くとれます。
週に1度なら続けることも比較的、簡単なはずです。

その月曜日の朝にぜひチャレンジしてほしいのが、
先週の振り返りと、今週のスケジュール確認です。

よいスタートを切れば、よい1週間が過ごせる

「金曜日の就業時にすませている」という人もいるでしょう。
月曜日の朝に再度、行うことには意味があります。

それは、週末に止めた仕事のエンジンを温めるためです。
週末のリラックスすることは大切ですが、
月曜日の就業開始時刻には
フルスロットルで仕事ができる状態にしなければ
ビジネスマンとは言えません。

先週の振り返りとスケジュールの確認はそのたまの暖機運転。
ウイークデーのスタートダッシュを決めるために、
心と体を温める時間をぜひとってください。

朝の時間の効用がわかったら、
もっと朝を活用したくなるかもしれません。
そうしたら、そのときに「朝型」への切り替えを検討してみましょう。

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP