アスラン編集スタジオ

[あの人の言葉]プロローグ

aslan
kotoba00a

寺山修司は
その書の中で「言葉を友人に持とう」と言った。

旅路の途中で自分がたった一人だと気づいたとき、
言葉を友人に持ちたくなる、と。

言葉によって語り合い、言葉によって励まされ、
言葉によって鋭気が増すからではないだろうか。

言葉こそが人との交わりであり、
自分は一人ではないと感じさせるものなのである。

言葉から学ぼう。
言葉からエネルギーを得よう。
夢を語ろう。未来を作ろう。

言葉ならそれができる。
言葉だからそれができる。

言葉を交わすことができる限り、
人間は一人でないのだから。

その他の記事

PAGE TOP
PAGE TOP